Tag Archives: ドンキー&ゴート

ワイン専門誌『ワイナート』最新号に<ドンキー&ゴート>

(イメージ:美術出版社より) 『ワイナート』(美術出版社)2014年1月号-第73号(2013年12月05日発売)にPPCVINOで取り扱っている<ドンキー&ゴート>が紹介されました。 カリフォルニアの<自然派ワイン>への取り組みが特集で紹介されており、葡萄栽培家からワイン生産者、そして<ナチュラル・ワイン>を専門に扱っているワイン・ショップ経営者など最近のムーブメントの重要人物や事情に詳しい面々のインタビューが織り交ざっている。 このほかにもブルゴーニュの<新しい注目生産者>の特集やイタリアの<ランブルスコ>の特集などが掲載されており、カリフォルニア以外にも興味深い産地やワインが取り上げられている。 オンラインまたはお近くの書店で最新号をお買い求めください!   現在、<ドンキー&ゴート>のキャンペーンを実施しています! 期間限定で<お買得価格>でD&Gワインお求めいただけます。 (ニュース・ソース:美術出版社より)

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース | Tagged , , , | Leave a comment

サンフランシスコ・クロニクル誌のトップ100のワイン

(イメージ:SanFranciscoChronicleより) サンフランシスコ・クロニクル紙恒例のトップ100のワインが発表された。同誌のワイン専属ライターのジョン・ボネ氏が毎年、西海岸で造られ、その年にリリースされた注目ワインをカテゴリー別に選ぶ。今年のリストは「カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー」(17本、内:カリ:12本、ワシントン:5本)、「ピノ・ノワール」(21本、内:カリ:15本、オレゴン:6本)、シラーやグルナッシュなどの「ローヌ系」(12本:カリ:10本、ワシントン:2本)、「ジンファンデルとその他赤ワイン」(13本、内:カリ12本、アリゾナ:1本)、「シャルドネ」(7本)、「ロゼ」(6本、内:カリ:4本、オレゴン:2本)、「ソーヴィニヨン・ブランとその他白ワイン」(20本、内:カリ:16本、オレゴン:3本、ワシントン:1本)、「スパークリング」(4本)。大きな傾向としてピノ・ノワールの選出が一時より本数が減り、その他白ワインのカテゴリーで選出されたワインがこれまでの最大本数。産地別では「ソノマ」が23本、「ナパ」が18本、「メンドシーノ」が11本、「エル・ドラド」と「サンタ・クルーズ」と「サンタバーバラ」がそれぞれ4本。(オレゴンは11本、ワシントンは8本) サンフランシスコを拠点としているので、北カリフォルニアよりのトップ100になるが、常に新しい試み、品種の復刻、ワイナリーの規模や実績、ワインの生産量を問わず、注目度と期待度が高いワインを選んでいる。無名のワイナリーでもこのリストに登場し、その後ブレイクするワイナリーが数多く存在する。また、ワイン・スタイルに関しても、なじみが薄い品種、醸造方法などトレンドを作るきっかけにも度々なっている。PPCVINOで扱っている<ドンキー&ゴート>もその一つ。「都市型ワイナリー」、「ナチュラル・ワイン」、「ローヌ系ブレンド・ワイン」、「オレンジ・ワイン」などと<ドンキー&ゴート>の様々な試みを常に高い評価を与えている。ちなみに今年は「その他白ワイン」のカテゴリーにマルサンヌ、グルナッシュ・ブラン、ヴェルメンティーノ、ピクプールをブレンドしたワインが選ばれた。 *** ~ カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー ~ (小売価格/アルコール度数)[産地] 2009 Andrew Will Two Blondes Columbia Valley Red ($55, 14.5%) [ワシントン] 2009 Antica Napa Valley Cabernet Sauvignon ($55, 14%) [カリフォルニア/ナパ] 2009 Betz Family Clos de Betz Columbia Valley Red ($52, 14.6%) [ワシントン] 2010 Broadside Margarita Vineyard Paso Robles … Continue reading

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , , | Leave a comment

カリフォルニアのガメ種ワイン

ボジョレーが注目を浴びるこの時期に興味深い特集記事がサンフランシスコ・クロニクル紙に掲載された。特集内容はカリフォルニアのガメ種(またはガメイ種)に関するヒストリー。ガメ種はボジョレーを代表する葡萄品種の一つで、ボジョレー・ヌーヴォーはすべてガメ種で造る必要がある。 標高1000メーターのエル・ドラドのガメ畑 (イメージ:SFChronicle/Jon Bonnéより) このブログでもよく紹介させていただくエル・ドラド産地にガメを本格的に栽培を行なっている葡萄農家がいる。標高1036メーターに位置する畑はエル・ドラド特有の花崗岩が多く含まれた土壌。花崗岩混じりの土壌はガメの本場、ボジョレーと近い環境となる。畑を管理しているのがロン・マンスフィールド氏。マンスフィールド氏はPPCVINOでもおなじみの<ドンキー&ゴート>の<サーティーン・シリーズ>で使用されるエル・ドラド産の葡萄の生産者。彼が取り組んでいるガメー・プロジェクトはカリフォルニアの都市型ナチュラル・ワイナリーの大御所Edmunds St.Johnワイナリーのスティーブ・エドモンズ氏と組んで行なっている。2000年にボジョレーから持ち込まれた葡萄の木が植えつけられ、2002年にカリフォルニア初の100%ガメ種を使用したワインをリリースした。このワインの発売をきっかけに、マンスフィールド氏の近所の葡萄農家が少しづつガメ種の栽培を拡大しはじめている。今ではカリフォルニア以外にオレゴン、ニューヨーク、そしてカナダでもガメ種の栽培は少量だがコンスタントに栽培は行なわれている。 Edmunds St.JohnのBone-Jolly Gamay Noir。イラストが最高! (イメージ:CommonPlacePagesより) 70年代のカリフォルニアにロバート・モンダヴィなどが<ナパ・ガメー>の名前でロゼを販売していたが、品種調査をしたところ<ナパ・ガメー>はラングドック・ルシヨン産のヴァルディギエ(Valdiguié)種であることが判明。他には<ガメ・ボジョレー>と言う名の品種が出回っていたが、こちらはピノ・ノワールと判明し、2007年に<ガメ>の商標違反と判断がくだされ、<ガメ・ボジョレー>の言葉が記録から消された。ちなみにヴァルディギエ種は今でもカリフォルニアで栽培されており、パソロブレスの老舗J.Lohr、都市型ナチュラル・ワイナリーのBrocCellars、最近注目を集めているForlorn Hopeなどがワイン造りで利用している。 一方、本物のガメ種はエドモンド氏以外にもArnot-Robertsがサンフランシスコの有名ソムリエRajat Parrとのコラボ・チームを組んだRPMの新しいブランドではエル・ドラド産のガメをフィーチャーする。Broc Cellarsはオレゴン産のガメでワインをリリースする予定。変ったところでは、オレゴンのChehalem(ウィラメット・バレー)では独自に栽培しているガメをピノ・ノワールとブレンドした<ブルゴーニュ・パス・トゥ・グラン>を造っている。 Arnot-RobertとRajatParrの最新プロジェクト<RPM>のガメ。 (イメージ:rparrのInstagramより) *** ボジョレーでも<ギャング・オフ・フォー※>が登場するまで、ガメ種やボジョレー産のワインはあまり好ましくないイメージがあったが、最近、カリフォルニア(オレゴンも含む)でガメ種を扱うワインメーカーが<ギャング・オフ・フォー>と同様にナチュラル・ワインメイキングにこだわって醸造を行なっている面々なので、この先上質なワイン造りを続けることができれば、カリフォルニア版の<ギャング・オフ・フォー>が現れても不思議がないのかも・・・ ※Jules Chauvet(ジュル・ショヴェ)博士(フランスのナチュラル・ワインの父)から直接ワイン造りを学び、ボジョレーのモルゴン地区で活躍する、Marcel Lapierre(故マルセル・ラピエール)、Guy Breton(ギ・ブルトン)、Jean Foillard(ジャン・フォワイヤール)、Jean-Paul Thevenet(ジャン・ポール・テブネ) (ニュース・ソース:SFクロニクルより)

Posted in カリフォルニア・ワイン, フランス・ワイン, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , , , , , | 2 Comments

HOUSE 西麻布 WHOLE FOODディナー

PPCVINOがいつもお世話になっている『HOUSE 西麻布店』で<ワインとWhole Food>のスペシャル・ディナーを8月8日(水)に開催します。ワインは<ドンキー&ゴート>の3種に季節の食材を使ったコース・メニュー。 メインには北海道十勝幕別産の蝦夷豚がフィチャーされます。 常に環境や健康に気遣った食材を踏んだに活用した料理を提供してくれるHOUSEさんはいち早くナチュラル・フード・ムーブメントを取り入れ、<ドンキー&ゴート>に限らず、様々ナチュラル・ワインや国産の天然食材をメニューに取り入れてきています。天然や無添加に止まらずに、常にそれらをどう美味しく、楽しく味わえられるかに研究熱心なところが本当の魅力。サイトでもご覧いただけますが、普通ではなかなかお目にかからない国産天然食材を使った料理をリーズナブルに提供してくれるところがHOUSEならではの特徴。 今回のディナーは席の数に限りがあるで、ご興味がおありの方は、お早めにお問い合わせください。 ご予約は:HOUSE 受付担当 中川/ Tel. 03-6418-1595

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , | Leave a comment

ワインニュースのまとめ

先週のワイン・ニュースのまとめはカリフォルニアから2つ。 先週、少し早とちりしたニュースが配信された。イギリスのワイン専門誌デキャンターが昨年、サンフランシスコからナパそしてソノマに事業拠点を移したクラッシュパッド社(Crushpad)が閉鎖すると報道。このニュースが流れるいなか、クラッシュパッド社からリリースが発表され、デキャンター誌の記事の内容は事実ではないと否定。 イメージ:CrushpadFacebookより まずクラッシュパッド社をご存知でない方に簡単な説明をいたしますと、ワインを造りたい人で設備投資や素材の供給ルートがない方が、クラッシュパッド社の醸造施設、葡萄供給、醸造家、ラベルのデザイン、完成したワインの販売までワインビジネスのすべての要素に対して受け持つ委託業者です。2000年前半からドットコムやシリコン・バレーで富を得た人たちが自らプライベート・ブランド・ワインを趣味感覚で造りにきたり、またはワイナリーをはじめようとしていて、まだ潤沢の資金がない人たちがクラッシュパッド社の力を借りてスタートアップするケースも多い。 PPCVINOが取り扱っているドンキー&ゴートも最初のリリースはクッラシュパッド社を利用している。 当時はサンフランシスコの都会に活動拠点を置いていたので、利用者にとってはアクセスもよく、ワインに対する関心とニーズがあるうちは事業が拡大は必然でした。フランスのボルドー地方にも支店を設け、2009年にはサンフランシスコからナパに本社を移し、ソノマのセバスティーニのワイナリー施設に委託業務の活動拠点を移したのが2011年。 今年の6月に入りクラッシュパッド社の最高責任者エックマン氏が株主宛に資金集めに難航が生じていることを証し、この情報がプレスの耳に入り、早とちりのニュースが出回ってしまった。しかし、クラッシュパッドの利用者は特に2008年のリーマンショック以降、減少しているのは事実で、すでにボルドーの事業は売却している。 救世主が現れることを期待しているのはクラッシュパッド社だけれはなく、小規模でいまだクラッシュパッドのサービスを利用しているワイナリーは少なくない。経済不況でプライベート・ブランドの利用者が減ることはわかるが、そのあおりを受けてしまうのが小規模ワイナリーであるこの構造は非常に残酷にも感じる。 *** ソノマのロシアン・リー・バーを訪れた人は多分一度はこの特徴的なワイナリー施設を見たことがあると思うが、ここで主にピノ・ノワール造りを行なっているのがホップ・キレン・ワイナリー(Hop Kiln Winery)。プレス・デモクラット誌は先週の初めにホップ・キレンの施設増築のニュースを伝えた。ただし許可をおろすソノマ郡の自治体が地域環境破壊とこれまでの違法行為を理由に先週末には申請を却下した。 ホップ・キレンの施設増築が通れば年間生産量が6万ケースに達し、ロシアンリバー最大級のワイナリーになる予定だったが、同時にイベント・スペースの増築を計画に盛り込んでおり、これに対して多くの反対票が入ったと予測される。50人から500人規模のコンサートを年間38回開催予定で、これだけの人がソノマのウエストサイド・ロードを埋め尽くすことは環境(他の畑や騒音)に望ましくないと地域団体は説明している。8月までに増築計画に修正を加え再度申請を行なうと報じられている。

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , | Leave a comment

メンドシーノの最新情報

6月11日サンフランシスコのダウンタウン展示会場にてメンドシーノ(カリフォルニア最北端のワイン生産地)最大規模の物産展「Taste of Mendocino」が開催された。ワインを始めとして食品・食材、ビール、観光、宿泊、レジャー、アートなどとメンドシーノ郡で生産される様々な商品やサービルを紹介する展示会です。 イメージ:Taste of Mendocinoより なかなかおしゃれなロゴマーク。日本画家の影響を感じられる。 PPCVINOで取り扱っている<エスターリナ>と<ドンキー&ゴート>※の両ワイナリーもブース出展で参加した。 ※<ドンキー&ゴート>はバークリーのワイナリーですが、いくつかのワインにはメンドシーノ産の葡萄が使用されている。 ナパやソノマを訪れてのんびりした、のどかないい場所と思ったならメンドシーノそれに輪をかけてのんびり・のどか度数の針が右に振り切ってしまうほどステキな場所です。そんなメンドシーノ・ワイン業界で衝撃的なニュースが最大規模の展示会の開催直前に発表された。 イメージ:Mendocino Grape and Wine Commissionより カリフォルニア州政府メンドシーノ郡管轄のワイナリーとヴィンヤードを代表する支援団体Mendocino Grape and Wine Commissionが解散するとの会合の投票により決まった。2006年に始まった支援グループは274の葡萄栽培家に対し72のワイナリーで構成されている。メンドシーノ産のワインのプロモーションするために活用される年間60万ドルの予算は会員それぞれの葡萄の栽培量または醸造量の合計から計算されていたのだが、大半の会員が栽培家であるため負担分が多く、それに見合った経済効果が得られないことから支援団体の継続に対する反対票が過半数に達した。 ワイン・カントリーの観光案内、Taste of Mendocinoの協賛開催のほかにメンドシーノ・ワインのワイン・コンペティションも主催していて、今後どのような形でこれらが継続されるのかはこれから判断されるのですが、今回の解散のニュースは突然で驚きました。これまでメンドシーノ・ワインに関する新しいワイナリー情報や総合的な地域データの収集にも大変役に立っていました。今後はアンダーソン・バレーAVAなどAVA別に団体が情報提供を行なう形になると予想しているが、一日も早くMendocino Grape and Wine Commissionに代わるメンドシーノ・ワインの総合支援団体が誕生することを期待したい。

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

インターナショナル・ワイン・セラー(5月・6月号)のレビュー

S・タンザーのインターナショナル・ワイン・セラー(5月・6月号)にドンキー&ゴートの最新リリースのワイン評価が掲載された。 最近日本に入荷したストーン・クラッシャールーサンヌ2010とファイヴ・サーティン2010のレビューの翻訳です。 ストーン・クラッシャー ルーサンヌ 2010 (エル・ドラド) ライトなかすみがかったゴールド色。ドライ・フルーツ、洋梨、メロンとカモミールのエキゾチックなアロマ。ハチミツよとスパイスのニュアンスも感じられる。しなやかに口の中に広がる核果・オーチャード(果樹園)フルーツの味わいにビター・レモンのアクセントがエネルギーを加える。深みと噛みごたいがある食感。長く口の中でまとわるスパイスのフィニッシュ。91pt ファイブ・サーティン 赤ブレンド 2010 (エル・ドラド) 鮮やかなレッド。スモークとスパイスのアクセントを含んださくらんぼ、レッドカレント(赤すぐり)、スミレ、リコリスのアロマ。微かに黒胡椒も。スパイシーで焦点がまとまっていて、軽い歯ごたいのあるレッドとダーク・ベリーの味わい。甘いレッド・フルーツと花を味わえる苦味のあるが爽快感があるフィニッシュ。飲み頃になっている。90pt

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

ドンキー&ゴートから<オレンジ>もしくは<夕焼けワイン>

ドンキー&ゴートから希少なワインが入荷した。カリフォルニア産の葡萄でローヌ・スタイルのワインをナチュラルに造ることで評判をあげてきたドンキー&ゴートが昨年から取り組んできた新な挑戦。 これまでもルーサンヌ種を活用したワイン造りを行なっていたが、今回は違った醸造方法でルーサンヌ・ワインを造ることとなった。ナチュラル・ワインメーカーとして様々な伝統的な醸造方法をトライするのはごく自然の流れであり、今回は北イタリアで昔から行なわれている白ワイン用の葡萄を使ってオレンジ・ワインを造ることに成功した。このワインの誕生秘話を聞くと、単純に幅広い料理にマッチする白ワインを造りたいとワインメーカーのジャレッド氏は語っている。 上手に仕上がったカリフォルニアの白ワインの特徴に、さっぱりとしたフルーツの味わいと、爽やかな酸が多くの白ワインの特徴と言える。飲みやすさでは抜群だが料理とのマッチングを考えると特にメインコースなどにはワインが負けてしまうことが多々ある。そこでワインメーカーが活用するのが通常より長い期間のスキン・コンタクト技法。ワインに厚みを加える要素の一つに葡萄の果皮から抽出するタンニンがある。赤ワインは基本的にタンニンを加えて醸造する。収穫した葡萄から果実を抽出する段階で果皮と果実を長く漬け込むことでタンニンを増やすことが出来る。一方、白ワインの場合、果汁と果皮の漬け込みステップを出来るだけ短くする。 今回のドンキー&ゴート ストーン・クラッシャー ルーサンヌ2010は15日間のスキン・コンタクトで行なわれた。果皮から抽出されたタンニンが深い夕焼け色に染める。またドンキー・ワインはフィルターをせずに仕上げるので、一見にごったように見えるが、細かくなった果皮や果実などが残っているだけで全く体には害がない。逆にグラスの底に残った旨みを一気に飲み干すと昔よく飲んだ不二家のネクターを思い起こす旨みとのどごしが楽しめる。今回は特別に最後の数ケースを分けていただいたので、一度はお試ししたい方はどうぞお早めに・・・ サンフランのワインバーでの一枚。飲む際には室温に近い温度で召し上がっていただくと、風味と味わいが際立つ!

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , | Leave a comment

Wine From Here

カリフォルニア ナチュラル・ワインに関するドキュメンタリー映画。

Posted in カリフォルニア・ワイン, 厳選ワインニュース | Tagged , , , | Leave a comment

2011年 注目のワインメーカー

サンフランシスコ・クロニクルは<2011年 注目のワインメーカー>にドンキー&ゴートのジャレッド&トレーシー・ブランドを選出。SFクロニクルでは毎年カリフォルニアで活躍するワインメーカーを数人ピックアップしています。ここ数年SFクロニクルの年間トップ100ワインのリストに登場することはあっても、ワインメーカーとして取り上げられるのは初めてだと思うので、本当、うれしい限りです。 今回、ドンキー&ゴートの二人のほかに次のワイナリーからの醸造家を取り上げています。 Porter CreekのAlex Davis Native9のJames Ontiveros, Paul Wilkins MassicanのDan Petroski Araujo EstateのMatt Taylor 記事をご覧いただくと一人一人のプロフィールが出ており、気になる共通点が・・・Araujoのテーラー氏以外今回選ばれた人たちが36~40歳であること。意識的にクロニクルがこの年齢の人たちを選んだのかは判りませんが、人気作家、マルコム・グラッドウェルのOUTLIERSの法則が当てはまるような気がして仕方ありません。 OUTLIERSで紹介している法則をご存知ではない方には、要は「成功」の要素を“個人の資質”だけでなく、周囲の環境や文化的な側面から考察した成功論をいくつかデータや実話を使って紹介しているのです。その中の一つにユダヤ人弁護士の例があり、ある年(2~3年の範囲)に生まれた人たちにが今のアメリカの法律・弁護士ビジネスを牛耳るようになった話があります。詳細を説明すると長くなるのでやめますが、機会があれば是非、本をピックアップしてみてください。邦文は「天才! 成功する人々の法則」のタイトルで出ています。 今回、紹介されたワインメーカーの生い立ちやバックグラウンドは記事で紹介している内容以外わからないのでもっと情報収集しなければ本当に法則が当てはまるのかわかりませんが、勝手な個人的な希望で思春期の体験や酒類との出会、またはワイン知識を磨いていった環境など何か共通点があればいいなと思ってしまっています。 法則の話はともかく、記事でも紹介されているドンキー&ゴートのフォー・サーティーンはこちらから購入可能です。 いい書籍にはいいワインをペアリングするのも大事ですよね。

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , | Leave a comment