Tag Archives: ソーヴィニヨン・ブラン

ワイン・ニュースのまとめ

先週のワイン関連のニュースをいくつか紹介します。 まずはイタリアのピエモンテ地方のバローロDOCGに関するニュース。バローロは基本的に11つのコムーネ(村・ゾーン)で構成されている。代表的なところでは<Barolo/バローロ>、<Castiglione Falletto/カスティリオーネ・ファッレット>、<La Morra/ラ・モッラ>、<Monforte d’Alba/モンフォルテ・ダルバ>、<Serralunga d’Alba/セッラルンガ・ダルバ>など各コムーネの中でもブルゴーニュに見習って畑のランキング(Grand Cru制度)を取り入れるようになり、結果的にこれが葡萄の取引価格およびワイン価格を左右する。畑のランキングは主に何人かの専門家に土壌や気候の分析を行い、地元生産者とネゴシアンたちが合意している畑のマップが存在する。 (イメージ:WineDineGuideより) バローロでは<Cru制度>と呼んでおり、各ゾーン内では現在では<暗黙の了解>のような形で何十年も続いてきた畑のCruマップで活動してきたが、Baroloゾーン内のCannubiコムーネ(村)の畑の所有者Marchesi di BaroloワイナリーのErnesto Abbona氏が面積の大きさに不服を抱き、これまで15ヘクタールの認定を34ヘクタールに認定変更を訴える裁判がイタリアのローマ最高法定で判断が行なわれ、地元関係者の間では畑の拡大に対して反対が多かった中、裁判所は拡大を認める判決を下した。Abbona氏は2010年に地元裁判所で面積拡大を訴え、勝利し、そして判決が逆転する経緯があり、今回はイタリアの最高裁判所での訴えとなった。地元関係者によると、これまで何十年も続いてきた制度で地元関係者同士合意のもとで決めた区域を裁判所で変更されられるのは、バローロに対する信頼と信用を失うことにしかねないと懸念を漏らしている。 (イメージ:TheWineBeatersより) 最初はこのニュースで何が大きな問題なのかがよく理解できなかったが、色々なブログで意見を読んでいても<地元>と<お国>との間で考え方の違いが存在することが鍵を握っているような気がする・・・特にバローロでは地元関係者の多くが納得のいくシステムをわざわざ作ったのに、それをよそから変更しなさいと言われるのは気分はよろしくない、一方、当事者のAbbona氏は畑が部分的に違う評価がされているのも不思議な話。 (ニュース・ソース:WineSearcher.comより) *** 今度はフランスのAOC関連のニュース。ソーヴィニヨン・ブラン種で有名なロワール地方の東側に位置するサンセールAOCが210キロ離れたトゥールAOC(ほぼ中央)に吸収され、まずは「サンセールAOC」の名称が使えなくなり、<Sancerre/サンセール>自体の称号が保護されなくなると地元関係者は激怒している。フランス政府の農業省の原産地呼称委員会(Institut National des Appellations d’Origine、 INAO)が管理するアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(Appellation d’Origine Contrôlée、AOC)は予算不足でサンセールAOCの事務機能を閉鎖すると判断。 (イメージ:Wine Terroirsより) 地元生産者はこれまでと同様の会費をINAOに支払いながら、これまで活動してきた産地名で活動できなくなり、同時にPR面や称号を保護する面でも「サンセールAOC」は消えることとなる。地元生産者は自ら<Sancerre/サンセール>の商標認定を行い、関係者が共有できるトレードマークを作る動きがでているが、フランス政府は他のAOCでもこのようなAOC制度からの離脱行為を防ぐために、この<トレードマーク共有案>をつぶすと関係者は推測している。 実に難しい状況だが、正式名所が<トゥールAOC>であろうと、今後もワイン・ラベルには<Sancerre/サンセール>の文字を活用するわけで、そこら辺は慣れのような気がするが・・・それより偽物<Sancerre/サンセール>または勝手に<Sancerre/サンセール>とワイン・ラベルに表記するの防止する管理システムをINAOに考えてもらったほうが重要なような気がするのですが・・・ (ニュース・ソース:Jim’s Loireより) *** 最後はアメリカ人マスター・ソムリエのリチャード・ベッツ氏が<こすると香りがする>特殊な紙でできたワインの香りを学ぶ本を出版。アメリカでは「Scratch n’ Sniff(直訳:こすって・香る)」と呼ぶ子供向けの絵本やシールなどでよく使用される技術。『The Essential Scratch and Sniff Guide to … Continue reading

Posted in フランス・ワイン, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , | Leave a comment

人気官能小説からオリジナル・ワイン

(イメージ:早川書房より) 全世界で9000万部を売り上げたE・L・ジェームズ氏のベストセラー官能小説『Fifty Shades of Grey(邦題:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)』の映画化で主役の男女役のキャスティングが決まったことで今月初旬に大きくニュースに取り上げられたが、来月には著者のジェームズ氏が北カリフォルニアのメンドシーノのワインメーカーとパートナーシップを組んで造り上げた赤・白ワインをリリースすることを発表。 (イメージ:Fifty Shades Wineより) 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は女子大生と27歳の大富豪の関係を過激なエロチズムを交えて描いた女性向け官能小説3部作。ストーリーの所々にワインは登場し、作者のジェームズ氏によるとワインは小説の中で重要な役割を果たしてると説明しており、自らワイン対して情熱と関心が高く、今回、リリースするワインはジェームズ氏にとって自然で当然な流れのと考えているようだ。 確かにジェームズ氏のウェブサイトでは3部作に登場するワインやワインに関するシチュエーションが解説付きで細かく紹介されていて、ワイン対する関心は確かのようだ。特にBollingerのGrande Annee Rose(シャンパン)は何度も3部作で登場し、主人公の女性の<アナ氏>の名前とワイン名にちなんでいくども登場していると推測できる。 3部作に登場するいくつかのワイン: Bollinger Grande Annee Rose(フランス/シャンパーニュ) Alban Vineyard Roussanne(カリフォルニア/エデナ・バレー) Alban Vineyard Grenache(カリフォルニア/エデナ・バレー) Domaine de la Janasse Vielles Vignes(フランス/南ローヌ) Klein Constantia Vin de Constance(南アフリカ) (イメージ:上からThe Delicious Life、The Gastronomnom、Caro’s Blog、In The … Continue reading

Posted in カリフォルニア・ワイン, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , , | Leave a comment

ワイン・ニュースのまとめ

(イメージ:V. Sattui Winery/Instagramより) 先週はナパ・ソノマを含む北カリフォルニアでの本格的な葡萄収穫シーズンが始まった。主にソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ヴィオニエ、マスカット種などを栽培している畑では、アロマチックな白ワインに使用されて葡萄の収穫が予想通り、例年よりも10日から2週間ほど早く収穫がはじまった。この時期での収穫作業は熱い日差しを避けて、夜間から朝方にかけて行われていると知られており、各地のワイナリーから届いてくる最新情報は深夜灯りを照らす中での作業の様子や仕事を終えて朝方の様子が昼間の太陽がまぶしい印象と対照的で写真を見ているとフィルター効果無しでもどこか癒し効果がある・・・ (イメージ:Napa Valley Grapegrowers/Twitterより) (イメージ:Anne Vawter/Twitterより)   (ニュース・ソース:Napa Valley Vintnersより) ***  (イメージ:weirdcombinationsより) 収穫ニュースのほかにまた新たなワイナリーとブドウ畑の売買のニュースが伝わってきている。まずは日本でも馴染み深いナパのカリストガにワイナリーを構える<Clos Pegase>が総合ワイン・グループ会社の<Vintage Wine Estate>に買収された。売却内容には約450エーカー分の土地に醸造施設、カリストガとロス・カネロスの2箇所の葡萄畑が含まれた。Clos Pegaseは1983年にジャン・シャーム氏と日本で出会った故ミツコ夫人が手がけたワイナリー。ワイン以外にもワイナリーに飾られて数々の彫刻やアート・コレクションでも印象的なワイナリー。 ワイナリーを購入したVintage Wine EstateはGirard Winery、Cosentino Winery、Windsor Vineyard、Sonoma Coast Vineyard、Cartlidge & Browne Winery、Ray’s Stationなど数々ワイナリーを所有するワイナリーのグループ会社。このグループ会社の経営陣にはDean&DelucaやOakville Groceryを経営し、ナパのRudd Wineryのオーナーであるレズリー・ラド氏が加わっている。これまで傘下に加わったワイナリーはそのままの経営状況を継続していることから、Clos Pegaseも今後もシャーム氏が築き上げた実績と功績を継続し、引き継がれることが予測できる。Clos Pegaseワインの愛好家たちは一安心だが、ワイナリーで飾られていた変わった数々のアートのファンには残念なお知らせ。今回、シャーム氏のアート・コレクションはワイナリー売買に含まれておらず、コレクションは複数の美術館や施設に寄付されると伝わってきている。   (イメージ:Clos Pegaseより) (ニュース・ソース:Decanterより) … Continue reading

Posted in カリフォルニア・ワイン, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , | Leave a comment

ワイン味のポップコーン

原宿に行列ができるフレーバー・ポップコーン屋さんの『ギャレット』はすでにお試しされた方も多いかと思うが、グルメ・ポップコーンの本場のアメリカでは次の人気フレーバー探しが盛んに行なわれている。そんな中、ニューヨークのマンハッタンで独自にポップコーンを焼いている<Populence>ではワインを混入したフレーバーを開発。 (イメージ:Populence Facebookより) ワインのフレーバー・ポップコーン第一弾はソーヴィニヨン・ブラン味。ワインと同じようなシトラスのキリリッとすっきり感が楽しめるようだ。そして、最近、開発されたのが、ピノ・ノワールとチョコレートのブレンド。こっちは定番の赤ワインとビター・チョコの絶妙なコンビネーションが楽しめることができるとか。 この手のワイン・フレーバー味の食品を作る際に大半は調味料を駆使し、ワイン味に近い味わいを作るケースが大いにだが、ここはグルメ・ポップコーン屋さん、豪快に本物のワインを利用してコーンにコーティング方法で造っている。Populenceが今回利用したのが、ニュージーランドの人気ワイナリーの<Kim Crawford Wines/キム・クロフォード>が造るマールボロ産のソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワール。 (イメージ:Populenceより) Kim Crawfordは90年代にオークランドのクーパーズ・クリーク・ヴィンヤードでワインメーカーを務めていた頃に2年連続で<ニュージーランドのワインメーカー・オブ・ザ・イヤー>に輝いたキム・クロフォード氏が1996年に奥さんと二人で開業した小規模ワイナリーが始まり。当時、ニュージーランドではまだ新しい品種であったソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、シャルドネなどを駆使し、ニュージーランド・スタイルのワインを世界に広める。現在、Kim Crawfordは大手ワイン企業のコンステレーション社が傘下におさめており、クロフォード氏も第一線から退いたが、今だクロフォード氏のスピリッツは継承されており、ニュージーランドを代表するブランドの一つとして続いている。 本格的なワインを造るワイナリーがパートナシップを組むぐらいなので、今回のグルメ・ポップコーンには下手な味付け処理をしているとは考えにくい。アルコールは飛ばしているので、その心配もなさそう。ただ、唯一、一つだけマイナーだが、どうしても気になる点が・・・「ポップコーンを美味しく味わうために理想のペアリングは原料のワインである」とサイトに書いてある。 <ジャンク&スナック・フード>フェチとしてはポップコーンとワインのペアリングには全く抵抗はないが、わざわざ食品に混入したワインをこれまた同じワインで一緒にいただくのは効率がいいのか、悪いのかがよくわからない・・・料理を調理する際にレシピにワインを混入と示されている場合、時にはこれから飲むワインを少ーーーし入れることがあるが、アクセント程度で考えていて、その料理のメインの味とは違うような気がする。今回のポップコーンのメインの味はワインであって、果たしてワインを一緒にいただくと更に味が際立つのか、それともただニ重に買わされているのかがよくわからない。いずれににても、機会があれば是非、一度は試してみたい実験だ。 Populenceオーナーのマギーさんのこんな笑顔ですすめられたら、ドラム缶単位で買ってしまうかも・・・ (イメージ:NYDailyNewsより) 残念ながらまだ国際輸送は今のところお断りしているようなので、知り合いがニューヨークに行かれる方にお土産で頼みましょう。 *** ここ数年で、カップ・ケーキやドーナッツなどジャンキーなアメリカン・スナックが日本に持ち込まれブームになったが、違うパターンもある。最近は<エダマメ>は幼稚園のおやつで出されるくらい、大都市や西海岸では一般的に広まったが、これよりもっとジャンキーはスナックがある。その名は<Furikakeポップコーン>。嘘だと思ったら下記のリンクで確認してください。ハワイ産のパッケージ物<ハリーケーン・ポップコーン>の商品名でも売られている。この<ふりかけ味>が注目されるようになって逆輸入されたら、正直、一本取られた気になってしまうような・・・  (イメージ:Honestly YUMより) Honestly YUM Food Republic gas•tron•o•my heo yeah yum Taste Spotting Chinese Grandma (ニュース・ソース:ABC Newsより)

Posted in 厳選ワインニュース | Tagged , , , | Leave a comment

NZワインがオージーワインから喧嘩を売られる

ニュージーランドのマルボロ地方のHuiaVineyard。 (イメージ:Will Lowe’s Blogtailsより) オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙の電子版で先月開催されたWineAustraliaイベントで数人のオーストラリアのワイン関係者が<ニュージーランド産のソーヴィニヨン・ブラン>に向けて厳しい言葉が発せられた。大半はオーストラリア産の白ワインを後押しする目的で発せられたのかもしれないが、中には批判・中傷に近い言葉やコメントが悪い意味で注目を集めてしまった。 ニュー・サウス・ウェールズ地方のハンター・バレーでワイナリー経営を行なっているジェームズ・アグニュー氏はNZ産のソーヴィニヨン・ブランを<マクドナルド・ワイン>とコメント。また、同ハンター・バレーのワインメーカーのブルース・ティレル氏はニュージーランドのオイスター・ベイ産のソーヴィニヨン・ブランを試飲して「パッション・フルーツ、体臭、猫の便・・・」とコメント。更にPR代理店でニュージーランドのマルボロ地方のワインを過去にプロモートを行なっていたスチュアート・グレゴアー氏、オーストラリアの有名ワイナリー ピーター・レーマンのワインメーカーのアンドリュー・ウィガン氏、タラック・ワインのクリスチーナ・タラック氏などは口を揃えて「一面しかない、深みのない、薄っぺら」などの言葉でNZ産のソーヴィニヨン・ブランを表している。 ワインに対する正直な感想なのかもしれないが、どう見ても負け惜しみにしか聞こえない。2009年からNZ産のソーヴィニヨン・ブランはオーストラリア産のシャルドネを抜いてオーストラリアで白ワイン部門でのトップ品種になった。現在でもオーストラリアで飲まれている白ワインは39%がNZ産のソーヴィニヨン・ブランである。また、オーストラリアで飲まれているトップ20のソーヴィニヨン・ブランの内17ブランドがNZ産。 ニュージーランド・ワイン支援団体のトップであるフィリップ・グレガン氏は今回、シドニー・モーニング・ヘラルド紙で掲載されたオーストラリア・ワイン関係者からの発言は「残念」とコメント。オーストラリアからのNZワインに対する需要が大幅に落ち込んでおらず、逆にアジアやヨーロッパからの需要が増えていると述べている。 *** オーストラリアとニュージーランのライバル関係は有名で、プロ・スポーツではよく<喧嘩を売る>発言で互いの気合が高まり、観戦する側としても楽しみが加えるが、今回のオーストリアから発せられたニュージーランドに対する発言は少し大人気ない・・・NZ産のソーヴィニヨン・ブランもピンきりで中には特徴のないものも存在する。ただし、口を揃えてこれほどのオージーワイン関係者がこのようなコメントを残すのは負け惜しみもほどが過ぎる。内輪の冗談であるのならまだわかるが、大手新聞社に対してワイン批評家ではなく、ワイン関係者が残すべきコメントではないと思う・・・相手の心配をするより、自分の足元を見直すべきと、考えさせられる・・・ (イメージ:InternationalRugbyBoardより) (ニュース・ソース:SydneyMorningHeraldとTheChronicleより)

Posted in オーストラリア・ワイン | Tagged , , , | Leave a comment

スクリーミング・イーグルのソーヴィニヨン・ブラン

カリフォルニアのカルト・ワインの代表格スクリーミング・イーグルがはじめてソーヴィニヨン・ブラン(2010年)600本を一般向けにリリースした。一般向けと言ってもメーリング・リストに入っている必要があり、1本250ドルで販売された。スクリーミング・イーグル側は購入した人に個人使用の注意書きを示しており、ワインの転売を固く断ったにもかかわらず、すでにワインショップやオークション・サイトでは2150ドルから5650ドルの値が付いている。 この事態にスクリーミング・イーグル側は次回にリリースする2011ソーヴィニヨン・ブランは300本に制限し、ワイナリーを通じて個人目的とレストランでの特別なワイン・イベントのみでの使用を明言。 ワイナリー側の主張を貫くことは賞賛しますが、リリース数を制限までして激怒するほどの事態なのか少し大げさにも感じる。これまで彼らのカルト・ステータスを確立してきたのもメーリング・リストに入れない人が高級ワインショップやオークション・サイトを利用してきたのではないかと思うですが・・・ 逆に注目やニーズがなくなったら1本250ドルでワインをオファーするもの難しいような気もする。 もしかして、すべてこれはPR戦略で、すでに私めも向うの術中にはまったのか・・・ なぜなら、 今年の秋にはスクリーミング・イーグルのセカンド・レベル、セカンド・フライトがリリースされます。カベルネ・ベースのワインで、スクリーミング・イーグルに入らなかったものをボトリングする。すでに2006年から大事に保管されてるので、こちらもやはりメーリング・リストに入っている2500人を対象に2006年から2009年の6本ミックスセットを900ドルで販売する予定。 こちらもすでに何らかの転売防止策を考えているのでしょうか・・・それとも何らかのオ・シ・オ・キが待ち受けているのか・・・ (ニュースソース:Wine-Searcherより)

Posted in カリフォルニア・ワイン, 厳選ワインニュース | Tagged , , , | Leave a comment