Monthly Archives: May 2010

Los Angeles Natural Wine Week開催

先週、(5月10日~16日)『第一回 ロサンゼルス ナチュラル・ワイン・ウィーク』が開催された。ロス市内のナチュラル・ワインを取り扱うワインショップやレストランでカリフォルニアでナチュラル・ワイン造りを行っているワイナリーが試飲会やワイン・ディナーに参加。最終日は醸造家、ライター、販売業者が集まりナチュラル・ワインに関するシンポジウムを開催。「ドンキー&ゴート」のワインメーカー、ジャレッド(旦那さん)は自慢の最新のナチュラル・ワインを引きつれ、試飲会・ディナー・シンポジウムのパネリストと一週間フル回転の活躍。ドンキー&ゴートのほかにScholium Project, La Clarine Farm, Edmunds St. John, and LIOCOなどのワイナリーが参加した。 シンポジウムのパネリストの一人を紹介させていただきたい。ワイン・ブログ界では「ナチュラル・ワインの母」的な存在で度々名前が持ち上がる、アリス・フェリングかフィリングさん(ロサンゼルスとロスアンゼルスのように正しい方はあまり気にせずその日の気分で自分は使い分ける、Alice Feiringで検索していただければ出てきます)。ニューヨーク・タイムズをはじめに様々な媒体でワイン・ライターとして活躍、2008年に The Battle for Wine and Love: Or How I Saved the World from Parkerization(直訳:ワインと愛のための戦い:またはパーカー化からいかに世界を救ったか)の出版を機に一気にナチュラル・ワイン第一推進者として様々なワイン・シンポジウムでゴスペルを広めている。 本の題名から剣をペンに持ち替え、パーカーをグサッと斬るスタイルを想像しますが、実はセクシティのキャリー・ブラッドショーの同じように実体験(仕事や恋愛)からの教訓やエピソードを元にナチュラル・ワインにハマって行く様子が面白おかしく画かれている一冊です。彼女のブログ”Veritas in Vino“でもワインに関する体験談が紹介されています。今回の『ロサンゼルス ナチュラル・ワイン・ウィーク』での様子も間違いなく投稿されるでしょう。 シンポジウムの様子。一番右にジャレッド、左から2番目がアリス。 ドンキー&ゴートのツイッターから

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , | Leave a comment