Monthly Archives: May 2009

<ドンキー&ゴート>S・タンザーのワインレビュー

ステファン・タンザーの「インターナショナル・ワイン・セラー」(ワイン専門誌)5月/6月号で<ドンキー&ゴート>のワインレビューが掲載されました。 PPCVINOでオンリストされている、「ドンキー&ゴート ヴィエイユ・ヴィーニュ シラー2006」のレビューを簡単に訳しました。 2006 A Donkey and Goat Winery Syrah Vieilles Vignes Mendocino, 91pts  (AVAILABLE NOW) ($35) Inky ruby. Pungent dark berry, cherry pit, cola and cracked pepper scents are classically syrah. Warm, round and gently toasty, offering sweet cassis and … Continue reading

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , , , | Leave a comment

Wine Library TVでドンキー&ゴート「グルナッシュ・ロゼ」紹介

以前、厳選ワインニュースでも紹介したWine Library TVでドンキー&ゴート「グルナッシュ・ロゼ」が登場。Wine Library TVはインターネット上で最も多くビューされているワイン批評サイトで、進行役のゲリーは今では全米のテレビやワイン専門誌に引っ張りだこです。 Domestic Rosé Tasting With Katie Lee Joel – Episode #673 知名度がついてきたことで番組のゲストも有名人が登場しています。今回のゲストは料理研究家のKatie Lee Joelさん。可愛い人なので、あまりどういう人なのか気にしないで観ていたら、なんとこの人、「ピアノのおじさん」(Piano Man)でおなじみのビリー・ジョエルの3人目の奥さんだったとは・・・番組の中でもビリーの後姿が微かに映っている。ドンキーの感想をそっちのけで、ビリーの奥さんの名前で検索しはじめる始末。 彼女はアメリカ版「料理の鉄人」で審査員としてお茶の間にも結構知られているようです。ウェスト・バージニア州の出身で、番組の中で「カントリー・ロード」(Take me home … where I belong  … West Virginia)の話題となり、この曲がウェスト・バージニア州のソングであることを説明しているところで、KatieLeeは曲のタイトルを勝手に「アールモースト・ヘブン」(それは出だしの歌詞や!)に変えてしまう天然娘丸出しの一面も。 そんな天然でチャーミングなKaiteLeeさんにもドンキー&ゴートの「グルナッシュ・ロゼ」は大好評。ゲリー氏もロゼ・ワインに対しては異例の91点の採点。 番組を見る時間がない人にやり取りの簡単な要約: Katie: 「間違っているかもしれないけど・・・バター感覚がするわ」 Gary:「ケイティ、間違いなんかありゃしないぜ、確かにバター、しかも料理で使うバタースプレーの感覚だね。香りはライラックとルバーブも感じられる」 K:「バター風味の生地のルバーブ・パイみたいね!」 G:「今度、焼いて欲しいな」 K:「まかせて、料理はお得意よ!」 などと会話はワイン・トークから完全に脱線しつつ、最後にはドンキー&ゴートに対して高評価をしていました。   まだ、お試しいただいていない方は、是非!Grenache … Continue reading

Posted in カリフォルニア・ワイン, PPCVINOニュース, 厳選ワインニュース | Tagged , , , , | Leave a comment