<ラ・ターシュ>と同等のソノマ産のワイン!?!

最新号のワイン・アドヴォケート誌でカリフォルニア産地を再度担当することとなったロバート・パーカー氏がいくつかのソノマ産のワインに対してパーフェ クトの100点を与えた。

464592_218831408242343_1299181759_o(イメージ:Peter Michael Winery/Facebookより)

まずはイギリス人オーナーの<Peter Michael Winery/ピーター・マイケル>はソノマ・コースト産の2つのピノ・ノワールが100点を獲得した。中にもSeaview Estate Vineyardの<Clos du Ciel>は1990年ヴィンテージのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンテの<ラ・ターシュ>の味わいが瓜二つとパーカー氏はコメント。そして、同じくSeaview Estate Vineyardの<Ma Danseuse>に関しては「生涯試飲した中で最も有能なピノの一つ」と最高の評価を与えた。

578178_185344278257723_2048439188_n上空から見たソノマ・コーストのSeaview Estate Vineyard。
(イメージ:Peter Michael Winery/Facebookより)

ピーター・マイケルのワインメーカーはフランスのシャンパーニュ出身のニコラス・モレー氏。モレー氏はシャンパーニュ地方で代々続くメゾンPierre Morlet & Filsの一族で兄のリュック・モレー氏はナパのMorlet Family Winesで上質なカベルネやピノ造りを行なっている。

もう一つパーカーから100ポイントを獲得したのがソノマの<Donelan Family Wines/ドネラン・ファミリー・ワイン>の<2009 Richard’s Family Vineyard Syrah>。

BJSrAB8CIAEu1hb(イメージ:DonelanFamilyWines/Twitterより)

そもそも2000年に<Pax Wine Cellars>として旗揚げワイナリーがパートナー及びワインメーカーのパックス・マール氏と2008年に分かれてから、<ドネラン・ファミリー ・ワイン>に改名。ナパのHdV(ハイド・ヴィンヤードを所有するハイド・ファミリーとブルゴーニュのドメーヌ・ア・エ・ぺー・ド・ヴィレーヌのJVワイナリー )でワイン醸造の腕を磨いたタイラー・テイラー氏をワインメーカーに向かい入れ、前身のPaxと同様に高い評価のワインを造り続けてきた。

ワインメーカーのテイラー氏がRichard’s Family Vineyardを紹介している動画。

このほかにも98点台のワインを20銘柄のカリフォルニア・ワインに与えた。

パーカー氏がカリフォルニア地区担当に戻ってからこれでカリフォルニア産のワインに対して計15銘柄100点のパーフェクト・スコアを与えたこととなる。前回は主に2010年ヴィンテージのカベルネ・ソーヴィニヨンに対してのレビューであって、2010年は涼しい気候のヴィンテージで多くのワイナリーが苦戦したはずのワイナリーだったはずなのだか、12銘柄(主にナパ産のワイン)に100点を与えた。

久々にカリフォルニア地区に復活して純粋に感動をしているのか、それとも何か意図があるのかがわからないが、<ラ・ターシュと同等>の評価をコメントに加えるのは何か計算があるような気がしてしょうがない・・・ただし、決してピーター・マイケルやドネランへの評価が過剰とは思っておらず<パーフェクト・スコア>の基準が過去に飲んだワインと瓜二つなどとイマイチよくわからないだけです。どうせならもっと100点を与えるか、98点台のワインとの差が何なのかはっきりしてほしいだけ。特に98点台を与えられた造り手さんは喜びよりも、どこが気に入らなかったのかえらい気になってしまうのでは・・・

La-Tache-1990-I(イメージ:Finest & Rarestより)

(ニュース・ソース:Wine-Searcher.comより)

This entry was posted in カリフォルニア・ワイン, フランス・ワイン, 厳選ワインニュース and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply