インターナショナル・グルナッシュ・デー

glass-of-grenache-GrenacheDay2013(イメージ:Association Grenacheより)

今日(9月20日)はインターナショナル・グルナッシュ・デー。フランスを拠点に活動する非営利団体<Association Grenache>がグルナッシュ種のPR活動にワイン愛好家を召集する恒例のイベント。毎年9月の第3金曜Grenache Day(G-Day)に設定し、世界各国でグルナッシュ・ワインを飲んで、主にソーシャル・メディアを通じてハッシュタッグ(#GrenacheDay)でツイッターフェースブックインスタグラムなどでグルナッシュ・ワインを共有し、更なるグルナッシュのPRを目指している。

Association Grenache>にはフランス、スペイン、カリフォルニア、オーストラリアなどグルナッシュ種栽培に取り掛かっている生産国のワイン生産者、ソムリエ、ジャーナリストがメンバーとして加わっており、主にメンバー同士でのソーシャル・メディアを通じて様々のグルナッシュ・ワインを紹介している様子がすでにうかがえる。また、グルナッシュ・デーをレストランやイベント・スペースで祝うのであれば、<Association Grenache>が用意したGoogleMap専用ページに住所と連絡先を入力し、タグを張ってくれる。

155226_417621218294368_1613624310_n(イメージ:Association Grenacheより)

グルナッシュは世界規模で見ると実は最も栽培されているワイン用の葡萄品種である。主に南ローヌ地方のコート・デュ・ローヌシャトーヌフ・デュ・パプなどのグルナッシュが有名だが、原産はお隣のスペインのアラゴン地方で<グルナッチャ>と呼ばれ、栽培量も大きくフランスを上回る。ニュー・ワールドではオーストラリアではローヌ地方でよく行なわれているグルナッシュ、シラー、ムールヴェードルGSMブレンドが人気で、単独よりもブレンドとしてサウス・オーストラリア州のワイナリーの多くはGSMワイン造りが行なっている。カリフォルニアに関してはセントラル・バレー産地のサン・ホワキン・バレーが1800年代には盛んに栽培を行なっており、そもそもホワイト・ジンファンデルのように甘いジャグ・ワイン用に栽培していた。20世紀後半には総生産量は大幅に激減したが、フランスのローヌ地方に敬意を払うカリフォルニアの生産者で構成された<ローヌ・レンジャーズ>が南ローヌに匹敵する味わいのワイン造りでグルナッシュ栽培が盛り返しを見せている。

グルナッシュの特徴の一つに名称の多さがよく取り上げられる。Association Grenacheが集計しただけでこれだけの名称が存在する。

Alicante、Alicante de Pays、Alicante Grenache、Alicantina、Aragonais、Aragonés、Bois jaune、Cannonaddu、Cannonau、Cannonao、Cannono、Carignane Rousse、Gironet、Granacha、Granacha del País、Granacha Negra、Granacha Tinta、Granacho、Granaxa、Granaxo、Grenache Rouge、Guarnaccia en Italie、Lladoner、Mencida、Navarra、Navarre de la Dordogne、Ranconnat、Redondal、Retagliadu Nieddu、Rivesaltes、Rivos-Altos、Roussillon、Roussillon Tinto、Rouvaillard、Sans Pareil、Santa Maria de Alcantara、Tinta、Tinta Menuda、Tinto、Tinto de Navalcarnero、Tintore di Spagna et Tocai Rosso、Garnatxa、Garnacha、Elegante…

1006265_543389735717515_330130748_n(イメージ:Association Grenacheより)

世界各国に広まっている品種だけにそれぞれの国の呼び名やつづりが存在している。イタリアを例に取るとまずはグルナッシュと呼ばずに<Cannonau/カンノナウ>と呼ぶ。ただし、サルディニア島と北のヴィチェンツァ地方に限定される、その他の産地ではTai Rossoの名称が存在し、調べたところカンノナウまたはグルナッシュと同じ品種と判明した。

皆さんもグルナッシュ・デーを祝うのに国内でも入手可能なオススメのグルナッシュ・ワインをいくつか:

DSC_0023Bodegas Borsao/ボデガス・ボルサオのセレクション・ティント(スペイン/アラゴン)
(イメージ:Brillat-Savarinより)

mourchonDomaine de Mourchon/ドメーヌ・ドゥ・ムルションのコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・セグレ・グラン・レゼルブ(フランス/ローヌ)
(イメージ:WesternMarketより)

m_E58699E79C9F-12-11-07-21-25-16Argiolas/アルジオラスのトゥーリガ(イタリア/サルディニア)
(イメージ:独断と偏見に満ちあふれた極主観的イタリアワインブログより)

IMG_2747d’Arenberg/ダーレンベルグのカストディアン・グルナッシュ(オーストラリア/サウス・オーストラリア)
(イメージ:Frog Nonsense vs True Blue Boganより)

2008-Bonny-Doon-Vineyard-Le-Cigare-VolantBonny Doon Vineyard/ボニードゥーンのル・シガー・ヴォランGSM(カリフォルニア/サンタ・クルーズ)
(イメージ:The Reverse Wine Snobより)

(ニュース・ソース:Grenache Associationより)

This entry was posted in カリフォルニア・ワイン, フランス・ワイン, 厳選ワインニュース and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply